ネットカジノは魅力的な新鋭ギャンブル!

ネットカジノという言葉を聞いたことがありますか?
これは、自宅のスマホ、あるいはパソコンなどの機器があれば、いつでもどこでもネット環境を通じて、カジノを楽しむことができるサービスです。
SNSなどで「○○カジノで、100万円ゲット!」、「100円が200万円になった…!○○カジノ、ヤバすぎ…」などの、夢溢れる口コミが散見しますが、全てネットカジノにおいては日常茶飯事の、当然の出来事の一つです。

ネットカジノで夢を追いかける!

ネットカジノで夢を追いかける!
ネットカジノは24時間、いつでもどこでも本格的なカジノを楽しむことができるサービスです。
ですので、自宅で億万長者になることだって可能なのです。
数多くのネットカジノのサイトが乱立しており、そのサービス内容に若干の差異はありますが、基本的にネットカジノとは、ゲームを配信しているプロバイダと契約して、そのプロバイダのゲームを自分のカジノでプレイさせる、というスタイルになっているので、信頼のおけるカジノ同士比べると、凡そプレイできるゲームの種類は殆ど一緒の場合が多いです。
そのゲーム一つひとつが、大変な爆発力を秘めたものばかりです。
中には一撃で300,000倍の配当を得ることができるモンスターマシンもザラにあり、夢を追いかけるにはもってこいのギャンブルと言えます。

ネットカジノを楽しむには入出金手段の確保が重要!

ネットカジノを本当に楽しむためには、入出金手段の確保が最も大事なことになります。
これを整えることが出来なければ、どのカジノでも本当の意味で楽しむことはできません。
カジノ毎に異なるものの、どのカジノもクレジットカード、銀行送金、電子決済サービスを通して入出金を行いますので、プレイを検討しているカジノの入出金手段は何を採用しているのか、しっかりとチェックする必要があります。

初心者向け!ネットカジノの選び方!

初心者向け!ネットカジノの選び方!
現在、ネットカジノは多くのサービスが存在しており、飽和状態になっています。
各カジノ毎に魅力的なプロモーションを展開したりなど、新規プレイヤーの獲得合戦の様相を呈しています。
ここでは、数多あるサービスを展開している、各カジノを見渡したと時に、特に初心者はどういうカジノを選択したら良いのかという視点について記載しているので、参考にされてみてください。

⒈ ボーナスが優秀であるか否か
 ⑴ 入金ボーナス
初心者の方は、どのカジノでも優遇されています。
特に初回~から数回目の入金に対して、入金額の100%分のボーナスマネーが付与されたりしますが、その付与されるボーナスがより出金しやすいか否かが大事な視点だと思います。
入金ボーナスを謳っているカジノがあれば、「賭け条件」、「有効期限」という点に着目して下さい。
例えば賭け条件は20倍、有効期限は約1か月、という設定の条件だとかなり優秀だと言えます。
ボーナス付与を検討している場合は、「賭け条件」、「有効期限」の設定を良くチェックされることをオススメ致します。

 ⑵ 入金不要ボーナス
   こちらはなんと、入金しなくても登録するだけで付与されるボーナスマネーとなります。
   経由サイトによってはその付与額が異なりますので、より高い入金不要ボーナスを配布しているカジノを選びましょう。
   この入金不要ボーナスにも、「賭け条件」、「有効期限」が定められているので、取得前に良くチェックされることをオススメいたします。

⒉ 海外拠点のカジノかどうか
これは非常に重要な要素で、日本国内から海外拠点のカジノをプレイする分には、違法ではないとされておりますが、これが日本を拠点にしているカジノをプレイするという事は、完全に賭博法違反で逮捕されてしまいますので、お気をつけください。

⒊ 信頼のおけるライセンスを取得しているかどうか
ネットカジノを運営するにあたり、必ずライセンスを取得していなければいけません。
下記に該当するライセンスを取得しているカジノであれば、信用できるカジノとして認識して結構と思います。

・マルタ共和国
・キュラソー政府
・イギリス
・ベルギー
・ジブラルタル
・マン島
・カナダ

この7種類のライセンスがその主なものと言えます。
大抵、そのカジノの公式サイト最下部、あるいは利用規約欄に記載されている事が殆どですので、チェックしてみてください。

困ったらSNSで口コミをチェック!

興味のあるカジノが出てきた場合は、TwitterなどのSNSでその口コミを検索してみると良いと思います。
勝った人からは喜びと感謝の声が、負けた人からは「詐欺だ」などのネガティブな声が、両方確認することができると思いますが、「出金拒否」等のトラブルで、業界全体の悪評が漂っている場合が、少なからずありますので、SNSでの評判チェックは、そういうリスクのあるカジノを避けることに繋がりますので、非常にオススメです。

まとめ

まとめ
初心者は特に入金時の入金ボーナス、入金しなくても取得できる入金不要ボーナスの優秀さで、プレイするネットカジノを選択すると良いと思います。
特に入金に抵抗がある方でも、入金不要ボーナスというものがありますので、まずはそこからプレイする事をオススメ致します。
また、海外の信頼のおけるライセンスを取得しているか否か、そしてSNSでの口コミチェックで、信用してプレイできるカジノかどうかを判断した上で、そのカジノを利用するようにしましょう。

今すぐできるオンラインカジノで遊ぶ時のギャンブル依存症対策

今すぐできるオンラインカジノで遊ぶ時のギャンブル依存症対策
オンラインカジノで遊ぶ時には、あとになって後悔しないためにもきちんとギャンブル依存症対策を施さなければいけません。
ギャンブル依存症とは、ギャンブルをしたい欲求を止められなくなり、多重債務や人間関係の悪化など、様々なトラブルを引き起こしてしまうれっきとした病気の一種です。
ここ最近になって国会でもギャンブル依存症対策に力を入れ始めていますが、最も重要なのは、個人でできる最低限のギャンブル依存症対策を頭に入れておくことです。
ではどうやったらオンラインカジノでギャンブル依存症を回避できるのでしょうか?
そこで今回の記事では、今すぐできるオンラインカジノで遊ぶ時のギャンブル依存症対策と、ギャンブル依存症を自覚したときの対処法について詳しく解説していきます。

自己規制機能を有効活用する

最近のオンラインカジノはギャンブル依存症対策に力を入れており、ベラジョンカジノ・カジ旅・ラッキーニッキー・カジノシークレットなど、ほとんどの大手オンラインカジノでは自己規制機能を搭載しています。
自己規制機能とは、一回(一ヶ月)の最大入金額、ログイン回数などを設定可能で、有効期限も自分自身で設定できます。
一度設定した自己規制機能は、有効期限が過ぎるまで絶対に変更はできず、オンラインカジノのサポートへ連絡しても対応は不可能です。
自己規制機能を使うことなく自分自身でコントロールができれば良いのですが、ギャンブル依存症というのは、理性を抑えられないことが原因で発症します。
だからこそ「自分は大丈夫」とは考えず、積極的に自己規制機能を使うようにしましょう。

クレジットカードや借金を軍資金にしない

クレジットカードや借金を軍資金にしない
オンラインカジノで遊ぶためには、最初に開設したアカウントへ軍資金を入金する必要があります。
入金方法は各オンラインカジノによって多少の違いこそありますが、基本的にはクレジットカード・エコペイズやアイウォレットなどのオンライン決済サービス・国内銀行送金・仮想通貨などが挙げられます。
ギャンブル依存症対策に重点を置いている場合、クレジットカード入金だけは避けるようにしてください。
知人や友人から借金するのはもちろんですが、クレジットカードもれっきとした借金です。
ついつい使い過ぎてしまい、気が付いたらギャンブル依存症を発症していた、なんてケースはよくある話です。
実際に持っている自己資金の中からアカウントへ入金しましょう。

ギャンブル以外の趣味に没頭する

オンラインカジノ以外に没頭できる趣味は持っていますか?
あくまでもデータ上の話ですが、ギャンブルが大好きな人の多くはギャンブルが一番の趣味であり、他の趣味を持たない人も多くいます。
しかしオンラインカジノでギャンブル依存症を発症させないためにも、オンラインカジノ以外の趣味を持ちましょう。
だからと言って、競馬やパチンコは同じギャンブルですので駄目です。
おすすめなのが身体を動かすスポーツで、外に出てスポーツをすることでストレス解消にも繋がり、それが結果的にギャンブル依存症対策にも効果を発揮します。
オンラインカジノを趣味にするのは決して悪いことではありませんが、他に没頭できる趣味を持つことを大前提にしてください。

ギャンブル依存症を自覚したらどうする?

ギャンブル依存症を自覚したらどうする?
ここまでご紹介した3つの対策を心掛けたとしても、100%ギャンブル依存症を発症しないわけではありません。
オンラインカジノで遊ぶ限り、誰にでも発症の可能性がある病気です。
もしギャンブル依存症を自覚した場合、まずはオンラインカジノから少しずつ離れていく努力をしましょう。
いきなりオンラインカジノを断ち切るのではなく、あくまでも少しずつです。
入金額を減らしたり、ログイン回数を減らすなど、自分で抑制可能なことから始めてみてください。
最終的にオンラインカジノで遊べないことにストレスを感じなくなれば、ギャンブル依存症の克服に成功したと言えるでしょう。
しかし全く抑制できない場合には、精神科などギャンブル依存症治療を受診可能な専門医に相談してください。
的確な治療を施すことで、必ずギャンブル依存症からの脱却が可能です。

まとめ

今回は、今すぐできるオンラインカジノで遊ぶ時のギャンブル依存症対策について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
今すぐ自分でできそうな対策方法は見つかりましたでしょうか?
まずはオンラインカジノの自己規制機能を有効活用し、クレジットカードや借金を軍資金にせず、ギャンブル以外の趣味に没頭しましょう。
楽しく稼げるオンラインカジノでギャンブル依存症になってしまったら元も子もありません。
正しいギャンブル依存症対策を続け、それでも自覚した場合にはすぐに専門医へ相談してください。
ギャンブル依存症からの脱却で一番駄目なのは焦ることです。
焦れば焦るほどオンラインカジノで遊びたい欲求が大きくなってしまい、状況はさらに最悪な方向へ進んでしまう恐れがあります。
焦ること無くゆっくりとギャンブル依存症からの脱却を進めていきましょう。

ネットエントの魅力と新作ゲーム情報

ネットエントの魅力と新作ゲーム情報
ネットエントは大手のゲームプロバイダの一角を占める企業です。
このネットエントについて今回は、その概要を解説しつつ本国サイトでリリースされている新作情報にも触れながら総括的にお話ししていきます。

ネットエントとは

ネットエントは、スウェーデンに本部を持つ老舗のプロバイダーであり、従業員数が1,000名を超える業界の大手です。
欧米を中心に開発拠点を持ち、多くのオンラインカジノが点在するマルタ共和国にも事業所を設置しています。

また、信頼性の高さにも努めており、マルタ共和国をはじめ、ジブラルタルやオルダニーなど9つの国や自治区、関連団体からオンラインカジノにおけるライセンスを取得している企業でもあります。

イカサマを撲滅し、公正なゲームを提供するために、第三者機関である「TST」「eCOGRA」「SKL」といった世界的な機関からの認証も受け入れています。
ここまで行うプロバイダーは、ほぼ無いといってもよく、非常に信頼性のあるゲームを開発している企業です。

こういった背景から、採用するオンラインカジノも多く、それが同社の規模を拡大させる原動力にもなっています。

信頼性と並んで定評があるのは、操作のしやすさと美麗なグラフィックの両立が高いレベルで実現されている点です。
この2つは両立しにくいケースも多く、問題になる場合も少なくありません。

ミスマッチが起こりにくいタイトルのリリースをコンスタントに続けている点もネットエントの魅力といえるでしょう。

ネットエントがリリースする新作

ネットエントがリリースする新作
ネットエントはコンスタントに新作のスロットをリリースしています。
これはオンラインカジノのリリース数が多いスロットの中でも特に多いリリース数を誇ります。

そんな新作のスロットとして挙げられるのは5タイトル、DivineFortune Megaways、FruitShop Megaways、ALOHA!Christmasといったタイトルです。

DivineFortune Megawaysは神話をテーマにした6リール最大7列のスロットです。
魔法やきらびやかなコインシンボルが特徴の外見で、前作のブラッシングを行い、ゲーム性を高めています。
古代ギリシャをモチーフにしつつ、非現実的な神話の動物を登場させるなどファンタジー溢れるスロットとして遊べるゲームです。
破壊力も大きく、投入した金額が一気に膨れ上がるという機能面でも優れたスロットに仕上がっています。

また、少額で遊ぶ方からハイローラーまで対応できるようにスピンごとに最小0.10から最大100ドルの投入が可能になっている点も注目といえるでしょう。
ワイルドの再スピン機能などエキサイトできる内容が多く含まれたスロットです。

FruitShopMegaWaysは2011年にリリースされたタイトルの続編です。
2Dフルーツのグラフィックが美味しそうなネットエントのグラフィック能力を感じさせるタイトルでもあります。
フリースピンがとても充実しているためゲットしやすく、利用するタイミングが合えば非常に利益を増やしてくれる機能です。
破壊力も大きく、理論上は最大1万倍の利益を出せるポテンシャルなど明るく陽気な雰囲気とは対照的なゲーム内容になっています。
フルーツシンボルで勝利を収めるたびに、フリースピンボーナスがトリガーされるのも強みです。

最後のALOHA!Christmasはハワイをモチーフにしたスロットで、ハワイにちなんだ絵柄が印象的な内容です。
前作の雰囲気に加えてクリスマスをモチーフにしているアップデートバージョンであり、ミステリーシンボルが攻略のカギになっています。
いたるところにサンタの帽子がある以外は前作のシステムを踏襲しており、前作に慣れている方にとってはストレスなく取り組めるスロットです。

ネットエントはテーブルゲームに弱い

ネットエントはテーブルゲームに弱い
ネットエントは優れたタイトルを非常に多くリリースしています。
しかし、大手の一角としては若干総合力に欠ける印象があり、実際にリリースしているタイトルで、ブラックジャックやバカラ、ルーレットといったいわゆるテーブルゲームには弱い印象があります。
この傾向はネットエントのポリシーでもあります。

カジノゲームの中でも非常に高いクオリティのゲームをリリースしてきたのがネットエントの強みです。
その強みを獲得するために選択と集中を行っていため、リリースもスロットに偏重しています。

こういった試みによって高い品質のスロットを数多くリリースし、更に機能面でも95~98%という高いペイアウト率にまとめています。
この姿勢が、アラビアンナイトや目がフォーチュン、サウスパークといった名作を生み出しているのではないでしょうか。

また、スマートフォンによるプレイも意識したモバイル分野にも配慮したゲーム作りを行っており、こだわりのモバイルカジノゲームが数多くリリースされている点も注目です。

ビットカジノの出金は本当に簡単なの?

ビットカジノの出金は本当に簡単なの?
ビットカジノの出金が早い。
この言葉はよく聞きますが、実際はどうなのか?と思う人は少なくありません。

オンラインカジノの出金方法

オンラインカジノでは出金の際にいくつかの条件があります。
「元金の○倍のベットで出金可能」
「フリースピンを利用しての出金可能」

出金可能な利益にするまでに、この2つの条件が多くのオンラインカジノで適応されています。
また、出金の際にも「100以上からの出金」などのように、出金できる金額の最低レートなどもあり、出金ラインにするのが大変な場合も時にはあります。

また、この出金可能な状態になった後にも「本人確認書類」「住所確認書類」などをアップロードの形でオンラインカジノに提出し、書類の確認が取れてからの出金になるので、数日後に出金可能の状態になり、そこから電子決済の方に出金していくことになります。

出金後は電子決済の方から出金手続き完了の状態になるまで1~3日ほどかかりますが、オンラインカジノは換金率が高いことから少し待つくらいならOKというユーザーが多いです。

ビットカジノの出金方法

ビットカジノの出金方法
ビットカジノは仮想通貨での出金であれば即時の出金が可能です。
これは仮想通貨であればドルなどへの変換も不要であり、仮想通貨のウォレットに直接出金するだけでいいこともあります。
また、本人確認の書類なども必要ありません。

なぜ本人確認が不要なのか?

仮想通貨は取り扱う際に仮想通貨取引所に本人確認書類を事前に提出して開設しています。ビットカジノでは、この仮想通貨取引所での本人確認が取れていることでウォレットへの出金になることから、本人確認書類をビットカジノ内部でカットしている形になります。

仮想通貨としての出金なので即時の出金ができる

ビットカジノはビットコインであれば1ビットコインとしてそのまま取り扱う出金になります。
1ビットコインのレートでの計算ではなく、ビットカジノからの出金が簡単にできるのも、直接利益をビットコインなどで出金送金できるからです。

ビットカジノは電子決済への出金も早いことから、仮想通貨と電子決済に絞った出金、入金システムがしっかりと機能しているオンラインカジノとも言えます。

ビットカジノは出金条件がゆるい

ビットカジノは出金条件がゆるい
ビットカジノは出金条件がほぼないことも珍しくありません。
出金条件無しになるフリースピンなどもあり、多くのユーザーを驚かせました。
これはビットカジノが入金に使われる仮想通貨の価値を大きく認めているからになります。

ビットカジノは大きな倍率をかけることのできるスロットやバカラがある半面、2倍などで手堅く利益を上げていくポーカーやブラックジャックもあります。
リスクは出来るだけ少なく、でもカジノやギャンブルを楽しみたい。
そんなユーザー心理に配慮してある倍率のカードゲームは、ビットカジノでも高い人気を持っています。

利益は欲しいけれども、大負けもしたくない。この気持ちに適したオンラインカジノがビットカジノになります。

ポーカーなどで手堅く出していった利益は、2倍などが多いので通常のオンラインカジノであればこの利益を元手にして15倍~30倍のベットをしていくことになります。

仮想通貨の投資家は大きな勝負にも出ますが、手堅く元手を増やして行く人も非常に多いです。
ビットカジノの出金条件は、この投資家たちはもちろんですが、手堅く利益を出したオンラインカジノ初心者にとっても嬉しいものになります。

オンラインカジノは大きな爆益が目立ちますが、手堅く利益を出しているユーザーの方が多いのも実情です。

電子決済での出金

ビットカジノの出金は、仮想通貨のほかに電子決済も利用できます。
仮想通貨の取引をしていない場合は、この電子決済をメインに出金していくことになりますが、電子決済の場合でも出金時間は非常に短いです。

エコペイズを利用した出金の場合にはビットカジノからエコペイズにほぼ即時出金、エコペイズ内部で1ビットコインをユーロドルのレートに変換、その後ユーロドルを日本円に変換し、指定した銀行口座に出金して引き落とすことになります。
この変換作業と口座に出金された際に、エコペイズから登録したメールアドレスに出金準備が終わったメールが届きます。
早ければ1日、遅くとも3日前後で来ることがほとんどです。

エコペイズはビットカジノを始め、オンラインカジノへの出金、入金を簡単に行える電子決済です。
ビットカジノをプレイしたいけれども仮想通貨は敷居が高いと考える人にもお勧めの電子決済であり、わずらわしいレート変換などはエコペイズ内部で完結してくれます。

口座に振り込まれる際に、エコペイズから銀行口座への出金手数料として5ユーロ前後が引かれた金額が入金されますが、面倒な手間などをカットできる部分を考えると安めの手数料であることも分かります。
ビットカジノをプレイするならば事前に準備しておきたい電子決済の一つです。

ブラックジャックとは歴史やルールなど解説!

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックは、トランプを使うカジノゲームです。
その起源は詳しくはわかっていませんが、もとは「21」という名前で親しまれていたと言われています。
古い記録によればドン・キホーテの著者である「ミゲル・デ・セルバンテス」が著書の中で21というゲームの記載をしています。
この「ミゲル・デ・セルバンテス」は1547年生まれとされていますから、遅くとも16世紀頃からは21というゲームが楽しまれていたことが分かります。
21というゲームが、ブラックジャックとして親しまれることとなったのは、このゲームがヨーロッパから海を渡りアメリカへ伝わったことがきっかけです。
アメリカで親しまれる中でローカルルールとしてスペードの「A」とスペードの「J」できる21を「ブラックジャック」と呼び特別ボーナスを付けたことが要因とも言われていますが、確かなことはわかっていません。
ブラックジャックは身近に楽しまれるゲームですが、意外なことにその発祥や名前の由来などは確かなことが分かっていないのです。
確かなことは多くの人に楽しまれ現在のゲームスタイルになったということです。

ブラックジャックの特殊ルール

ブラックジャックは21といゲームが多くの国や地域で楽しまれる中で変遷したゲームです。
様々なローカルルールが作られ、その名残が現在のブラックジャックの形を作っています。
代表的な特殊なルールが、「ダブルダウン」です。
プレイヤーは2枚のカードを確認し、「ダブルダウン」と宣言することで追加カードを1枚だけしか引けないことを条件に賭け金を倍額に増加させることができるルールです。
この他にも最初の2枚のカードが同じ数のカードだった場合には「スプリット」ができます。
これは手札を分割し、2つのハンドで勝負をすることができるものです。
さらに、「インシュランス」ではディーラーのアップカードが「A」の場合、ディーラーの無敵のハンドのブラックジャックに保険を掛けるルールです。
「インシュランス」をする際には賭け金の半額を支払う必要がありますが、ディーラーがブラックジャックだった場合には3倍の配当が支払われるため、ディーラーの最強ハンドのブラックジャックに対して引き分けという形でゲームを終えることができるものです。
また、「サレンダー」というのもあり、自身の2枚のカードでは到底勝ち目がないと判断した場合「サレンダー」と宣言すると賭け金の半額だけが没収されるルールです。
このようにブラックジャックには様々な特殊なルールがありますが、いずれのルールを採用するかはカジノやテーブルによって異なる実情があります。
ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本ルールはカードの合計数字が21に近い方が勝ちというシンプルなものです。
カードの数え方は「A」は1または11とカウントし、「絵札」と「10」は10とカウントします。
それ以外はカードの表示されている数字をそのままカウントし、その合計が21に近い方が強いというものです。
カジノではディーラーの対戦形式でゲームがすすめられますが、ディーラー役を置かずに参加者全てで勝者を決めるブラックジャックもあります。
また、先に配られる2枚のカードで21ができることをブラックジャックと呼び無敵のハンドですが、カードを追加して21を超えてしまうとその時点で負けが確定します。

ブラックジャックの人気の秘密

ブラックジャックが人気となる理由はそのゲーム性にあります。
配られたカードの合計で21に近いハンドを作ればいいというシンプルなルールがその最たるものです。
誰でもすぐに理解ができ、楽しむことができるのが最大の人気の秘密なのです。
そして、もう一つのポイントがローカルルールにあります。
ダブルダウンやスプリットといったルールでは賭け金を倍額に上げ、一発勝負が可能になります。
ある程度のリスクを背負い、勝負をする醍醐味はブラックジャックならではゲーム性です。
また、一般にディーラーとの対戦になるので勝率はほぼ五分五分になります。
つまりは、誰でも勝つ可能性があるゲームと言えることになり遊びやすい側面があるのです。
これらの要因でブラックジャックは非常に人気の高いゲームとなっているのです。

ブラックジャックを楽しむには

ブラックジャックを楽しむには

ブラックジャックはトランプさえあればいつでもどこでも楽しむことができるゲームです。
ゲームといえども勝負事ですから賭けたいというのであればオンラインカジノの利用がおすすめです。
一方で、賭けずに楽しみたいというのであればゲームアプリをダウンロードするなどすれば楽しむことができます。
しかし、ブラックジャックはカジノゲームの側面がある訳ですからやはり賭けて楽しみたいというのが本音でしょう。
オンラインカジノの普及は、そんな私たちの欲求を簡単に叶えてくれるものとなりました。
数年前までは、カジノゲームのブラックジャックを楽しみたければカジノのあるラスベガスやマカオなどに行かなければなりませんでした。
渡航費も時間も費やす必要があったのに今や、家庭にいながらカジノを味わえる時代になりました。
ブラックジャックを心から楽しみたいのであればオンラインカジノの利用が有効です。

犯罪の温床になっている中華系違法ネットカジノの実態を調査した

犯罪の温床になっている中華系違法ネットカジノの実態を調査した
決して偏見では無く、世界中で一部の中国人による犯罪が目立っており、最近では中華系の違法ネットカジノも星の数ほど存在します。

中華系違法ネットカジノはユーザーからの資金を巻き上げるだけで無く、マネーロンダリングの温床にもなっており、拠点を置く当局の頭を悩ませています。
日本からも中華系違法ネットカジノへのアクセスは可能ですが、そこで遊ぶことは違法行為であり、日本の警察によって逮捕される危険がありますのでご注意ください。

そこで今回の記事では、犯罪の温床にもなっている中華系違法ネットカジノの実態を調査し、中華系違法ネットカジノにはどんな特徴があるのかを解説していきます。
これから初めてネットカジノで遊ぼうと検討している方の注意喚起になれば嬉しいです。

世界中に進出する中華系違法ネットカジノ

中華系違法ネットカジノは、中国国内には少なく、基本的には海外を拠点にしているケースが多いです。
特に多いのがフィリピンで、マニラ首都圏のコンドミニアムを中心として数多くの中華系違法ネットカジノが拠点を構えています。

運営は同胞である中国人ですが、ライブゲームのディーラーやその他雑作業は、低賃金でフィリピン人を雇っています。
その恨みからフィリピン人による内部告発が多発し、フィリピン当局によって連日のように摘発されています。
フィリピン以外にもタイやマレーシア、最近ではシンガポールにも拠点を置く中華系違法ネットカジノも多く、世界中の当局が頭を抱えているのが現状です。

必ずアドミンを仲介して登録

中華系違法ネットカジノは堂々と営業することができないため、多くの場合口コミやアドミンを経由してユーザーを増やしていきます。

アドミンとはネットワークの管理者のことを言いますが、中華系違法ネットカジノの世界では、紹介者を意味します。
つまりアドミンがFacebookやInstagramなどで中華系違法ネットカジノを紹介し、周囲を巻き込んでいきます。
紹介するだけでは収入とはならず、中華系違法ネットカジノへ登録してもらい実際に入金して遊び、勝利したお金の一部が自動的にアドミンへ流れる仕組みです。

中華系違法ネットカジノと深い関わりのあるアドミンですが、その多くがピラミッド方式で言う底辺です。
高い位置にいるアドミンほど収入は大きくなりますが、その分当局による摘発のリスクが高くなります。

拠点を置く国の電子マネーに対応

拠点を置く国の電子マネーに対応
中華系違法ネットカジノと提携するクレジットカード会社やオンライン決済サービスは存在しないため、どうしても他の入出金手段を用意しなければいけません。
そこで中華系違法ネットカジノが目を付けたのが電子マネーで、拠点を置く国で流行している電子マネーに対応しています。

例えば中華系違法ネットカジノの温床であるフィリピンではGキャッシと呼ばれる電子マネーが普及しており、最近ではスマホを持つ人達の多くが利用しています。
Gキャッシュにお金をチャージし、そこからアドミンへ送金することでアカウントへ反映され、出金時も同様にGキャッシュへ送金されます。

中華系違法ネットカジノへの本人確認書類や住所確認書類などの提出は一切必要ありませんので、現地の人達も気軽に遊べるシステムが確立しているのです。

イカサマは当たり前

合法ネットカジノで遊べる数々のゲームは、全て別会社であるゲームプロバイダーから購入しているもので、ネットカジノ運営側でゲームを開発することはできない決まりになっています。
これはイカサマを防止するためであり、もし独自開発のゲームを勝手にリリースしてしまうと、ライセンスが剥奪されます。

しかし中華系違法ネットカジノはゲームプロバイダーと提携できないため、独自でゲームを開発し、次々と新作ゲームをリリースしています。
もちろん誰からも監視を受けていないことからイカサマ機能も自由に付帯可能で、意図的にユーザーを負けさせることは容易いのです。
中華系違法ネットカジノでも勝つことは可能ですが、基本的には確実な負け戦となります。

まとめ

まとめ
今回は、犯罪の温床にもなっている中華系違法ネットカジノの実態を調査してみたと題し、中華系違法ネットカジノを丸裸にしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ネットカジノ業界では有名な話ですが、きっとご存知で無かった方も多いかと思います。
中華系違法ネットカジノは世界中に存在しており、特にフィリピンを主な拠点として様々な違法行為を行っています。
アドミンを仲介して登録や入出金するなんて行為は、合法のネットカジノでは絶対にありえないことですし、拠点を置く電子マネーにしか対応していないのもありえません。

また合法ネットカジノでは別会社であるゲームプロバイダーからゲームを購入しているため、一切イカサマはできませんが、中華系違法ネットカジノは独自開発ゲームです。
当たり前のようにイカサマをし、ユーザーから不正にお金を詐取していますので、最終的には必ず負けます。
今後も中華系違法ネットカジノが壊滅することは半永久的にありえませんので、騙されないためにも必ず大手ネットカジノを選ぶようにしましょう。

ベラジョンの出金は自分に合った方法を選べて手数料も抑えられる

オンラインカジノでは入金することで実際にプレイできます。
そこで気になるのが出金の方法です。
どの方法が一番便利でお得なのかは、その人によって異なりますので、情報を集めて比較するのがコツです。
ベラジョンカジノは使い勝手が良い一方で、自分で判断していくことがスムーズで損のない出金に繋がります。

ベラジョンカジノで出金に使える方法は多彩

ベラジョンカジノで出金に使える方法は多彩
ベラジョンカジノでは出金方法も選べるほど多彩です。
どの方法にするのかによって、使い勝手も変わってきますから、比較して自分に合った方法を選びましょう。

オンライン決済
EcoPayzはオンライン決済の中でもメジャーです。
最低出金額が10ドルからで、一度に引き出せる最高額は50,000ドルです。
iWalletでは、最大で50,000ドル引き出せます。
同じように、最近人気のMuchBetterも選ぶことができます。
最低出金額と最高出金額も10ドルから50,000ドルになっています。
さらにVenusPointにも対応していますが、最低出金額は10ドルで一緒ですが、最高出金額が20,000ドルまでとなっています。

ベラジョンカジノは4種類ものオンライン決済に対応しているので、どれかの口座をすでに持っている場合も多いでしょう。
選べる範囲が広いのは利用者としては嬉しい配慮です。

銀行振込
銀行送金はクレジットで入金した場合にのみ利用可能です。
しかし、自分の口座へ直に入金されますから、手間が省け管理がしやすいです。
ほとんどの日本の金融機関に対応しているので、自分が持っている口座で対応可能です。
新しくオンライン決済の口座を開設せずに出金ができます。
最低出金額は10ドルからで、最大出金額は45,000ドルまでです。
一般的な出金なら十分対応できる範囲なので、銀行振り込みも実用的な方法として使えます。

出金はどこがお得なの?

出金はどこがお得なの?
出金方法は利便性の他に手数料や反映時間など、お得な出金方法の観点からもチェックしましょう。

手数料でプレイヤーの評判も高い
手数料も塵も積もればそれなりの金額になりますから、できるだけ安い方法を選ぶようにしましょう。
ベラジョンカジノが人気の理由の1つに、出金時に手数料がかからないことがある点です。
ただ、申請する金額が低いと手数料がかかります。
ある程度まとめて出金をすれば、申請した金額丸ごとが出金できます。
基本的に出金は1日1回です。
このあたりもオンランカジノの中でもサービス力が高いと言われる要因でしょう。

着金までの時間
早く自分の手元に戻したい、本当に出金されるのか不安という場合には、着金までの時間も気になります。
待たされて焦るのは困りますから、スムーズなことも出金方法を選ぶポイントになります。
スピードに関しておすすめはオンライン決済です。
早いと即時反映、遅くても基本的には24時間以内、土日を挟むなど状況により3~5営業日です。
銀行振り込みは2~3日程度が多く、オンライン決済よりも時間はかかります。
銀行振り込みは金融機関の営業日などによっても左右されます。
場合によってはもう少し時間がかかることもあるようです。
でも、昔よりも格段に便利でスピーディーになっているので、ベラジョンカジノは出金方法でも進化しています。

出金できない!騙されたと疑う前に出金条件をチェック

出金先を決め、いざ申請しても、受付されないことがあります。
焦ってしまいますが、ベラジョンカジノで理由なく出金させないといったことはありません。
申請者側のミスが原因な場合もあるため、落ち着いて再度、確認をしましょう。
よくある原因をいくつか挙げてみましょう。

ベット倍数を満たしていない
ベラジョンカジノは賭けてプレイして参加することが目的の場です。
さまざまなボーナスをもらって何もせずに出金しようとしても、それを使わないと本来の目的とは異なりますのでNGとなります。
ボーナスや入金額をベットしないで出金だけをしようとしても弾かれてしまいます。
具体的な条件としてはボーナスの場合はその金額の20倍、リアルマネーの場合は1倍賭けることとなっています。
例えばボーナスを10ドルもらったら、出金には200ドルベットすることが必要です。
自分で100ドル入金したら、100ドルベットしないと出金はできません。

出金先の制限
出金先が豊富なベラジョンカジノですが、入金方法と出金方法をそろえるというルールがあります。
例えば入金をEcoPayzで行った場合は、出金もEcoPayzです。
銀行振り込みで入金したら、出金も銀行振り込みです。
これがバラバラになってしまうと受付されません。
ただし例外としてクレジットで入金した場合は、出金方法は他の方法でも可能です。
入出金方法を選ぶときには両方で都合の良い方法をとることが重要です。

出金に必須の本人確認
出金に必須の本人確認
ベラジョンカジノではマネーロンダリング防止の観点から本人確認を求められるケースがあります。
できれば出金のときではなく、あらかじめ完了させておくと、面倒もなく出金ができます。
さらに出金方法に関しては、アカウント認証していないと、最高出金額が低くなってしまうこともあります。
方法としては3点の書類提出が求められます。
運転免許証 や写真付き住民基本台帳カード 、さらにパスポート (写真付き見開きページ)
など写真付きの公的な身分証明書です。
もう1つは現住所を証明する書類で、3か月以内発行の住民票や公共料金の料金請求書、クレジットカードの使用明細書などです。
最後にクレジットカードの写真も必要で、有効期限内のカードとなっています。
撮り方などはベラジョンカジノのサイトに詳しく掲載されていますから、確認しましょう。
これらの電子データをベラジョンカジノのアカウント承認のアップロードページから申請すれば、チェックされ、おおよそ申請後72時間以内で承認されます。
不足点があれば連絡が来ますので、その際対応すればいいので簡単です。

ベラジョンカジノは出金先が豊富なので自分に合わせて選ぶことが可能です。
その利便性の反面、自分で情報を比較して損がない先を選ぶことが重要になってきます。
さらに、出金をするときの条件もありますから、前もってその内容をクリアしているかを確認してから手続きに移ることが大切です。
せっかく出金が便利でお得に設定されているベラジョンカジノですから、そのメリットを生かして出金しましょう。

オンラインカジノのスロットマシンでイカサマがない理由

オンラインカジノのスロットマシンでイカサマがない理由

よくオンランカジノについて「イカサマで裏で結果を操作している」などと不正を疑う噂を聞くことがありますが本当なのでしょうか?
まず最初に断言しておきますが、オンラインカジノのスロットマシンでは、イカサマのような不正行為は存在しません。
ただしイカサマが存在しないというのは、ライセンスを所持して運営されている合法的なオンラインカジノに関してで、違法オンラインカジノは含まれません。
ここでは、オンラインカジノのスロットマシンで絶対にイカサマがない理由を解説していくので、不正を疑う方はぜひ読んでみてください。
疑心暗鬼になっている方も、きっと納得していただけると思います。

イカサマはリスクが大き過ぎる

ご存知だと思いますが、オンラインカジノは誰でも自由に始められるものではなく、然るべき手続きを経てライセンスを取得する必要があります。
ライセンスはオンラインカジノが合法扱いの国の政府機関から発行されるもので、取得には高額な費用だけでなく準備期間も必要です。
もちろん申請して費用を支払っても厳正な審査があり、必ずライセンスが得られるとは限りませんし、もしイカサマなど不正行為が明るみになれば、ライセンスは剥奪されてしまい、オンラインカジノの運営は続けられなくなってしまいます。
このように、合法オンラインカジノはそもそもイカサマを前提に運営をしようとは考えることはなく、健全に運営し登録者を増やしたほうが効率よく稼げるので、イカサマを企てる動機はないのです。

ソフトウェアを操作することは不可能

オンラインカジノのスロットマシンは、厳重なプログラムで構成されており、ゲームの結果は乱数発生装置を使って排出しています。
乱数発生装置というのは、結果を完全にランダムで作り出す仕組みになっており、誰かが人為的にゲームの結果を操作することができないようになっています。
なおかつ、オンラインカジノのスロットマシンは、オンラインカジノの運営が内部で開発しているのではなく、外部の専業ソフトウェア会社が開発しオンラインカジノに提供しています。
スロットマシンの内部プログラムは、オンラインカジノの運営が操作することはできず、触れることすらできない代物です。
またソフトウェア会社も開発段階から第三者機関に監視されているので、オンラインカジノの運営と結託して不正行為を行うことも無理なのです。

第三者機関が常時監視

第三者機関が常時監視

オンラインカジノは基本的に海外を拠点としており、その国からライセンスを得る条件に、第三者機関による監視がある場合もあります。
監視がない必要ない場合でも、オンラインカジノが健全な運営をアピールするために独自に第三者機関の監視を要請しているところもあります。
監視は専門機関によって行われ、イカサマや不正行為は見逃しません。
スロットマシンでイカサマをすることも無理なのです。

イカサマで評判が落ちると致命的

オンラインカジノは日本を始め世界を相手に運営していますが、1人でも多くのプレイヤーを集客することが重要であり、その理由がペイアウト率の高さです。
日本の公営ギャンブルの競馬や競艇は70~80%、パチンコでも80~85%となっていますが、オンラインカジノのスロットマシンは95~96%と非常に高く、勝ちやすいギャンブルであることが分かると思います。
このオンラインカジノの魅力である高いペイアウト率を維持し、安定した収益を得るには一人でも多くのプレイヤーが必須なのです。
なので、もしイカサマのようなスキャンダルが明るみになり、プレイヤーが一斉に離れるようなことがあれば、あっという間にオンラインカジノの運営は立ち行かなくなってしまいます。
ただでさえスロットマシンなどのギャンブル性の高いゲームは、プレイヤーに大きな損失を与えてしまう可能性があります。
たとえイカサマでなくても、悪い噂が広まることによってオンラインカジノの評判が落ちてしまう可能性もあるのです。
このようにオンラインカジノの運営というのは、非常にシビアで繊細な一面があり、確実に評判を落としてしまうようなイカサマをオンラインカジノの運営が率先して行うことは考えられないのです。

まとめ

まとめ

オンラインカジノのスロットマシンで絶対にイカサマがない理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
オンラインカジノの運営にはライセンスが必須で、イカサマなど不正行為が明るみになれば、ライセンスは剥奪されてしまい運営は続けられなくなってしまいます。
また第三者機関の監視を受け入れており、ソフトウェア会社と結託してイカサマをするようなことも不可能なのです。
またオンラインカジノの運営によってプレイヤーからの評判は非常に重要で、信頼を落とすようなイカサマは無理なのです。
しかしこれらの条件は。合法オンラインカジノに限ったことで、ライセンスを所持しない違法のオンラインカジノには通用しません。
ですので、オンラインカジノで遊ぶときは、ベラジョンカジノやカジ旅、ジパングカジノなど名の通った大手オンラインカジノを選ぶようにしましょう。
日本語サポートもあり、安全にギャンブルを満喫することができます。

【理想的な攻略法】マーチンゲール法とパーレー法とは?

一攫千金も可能なカジノゲームは、創世記から現在に至るまで、多くの攻略法が誕生しています。
その中でも特に「ローリスク・ハイリターンな攻略法」として注目されるのが、” マーチンゲール法 ” と ” パーレー法 ” のメリットを取り込んだ、ハイブリッド攻略法です。
 
今回は、理想的な攻略法『マーチンゲール法×パーレー法』の実践方法をご紹介します。
 
「マーチンゲール法 × パーレー法」の実践方法をお話しする前に、マーチンゲール法・パーレー法、それぞれの特徴を押さえておきましょう。 
  

勝てば損失0『マーチンゲール法』

勝てば損失0『マーチンゲール法』
 
『マーチンゲール法』は世界最古の攻略法と言われており、現在でも様々なギャンブルに使われています。
「勝つまで倍プッシュする」攻略法で、連敗が続いても、一度勝てば初回ベット金額分の利益を得ることができます。
確実な利益を得られる分、一撃大量獲得は不可能で、どれだけ連敗が続いたとしても、利益は初回ベット金額分以上に増えることはありません。
 
【マーチンゲール法・運用例:ベット額を1ドルで運用した場合】
1ゲーム目・1ドルベット
勝利金2ドル=1ドルの利益(※負けたら2ゲーム目へ)
 
2ゲーム目・2ドルベット
勝利金4ドル=1ドルの利益(※負けたら3ゲーム以降続ける)
 
『マーチンゲール法』を単独で運用した場合は、連敗が続くことで多額のベット金額が必要になりますが、勝てば全ての損失を無くし、初回ベット金額分の利益を手にすることができる「ローリスク・ローリターンの攻略法」になります。
  
  

連勝で大きな利益『パーレー法』

連勝で大きな利益『パーレー法』

別名 ” 逆マーチンゲール法 ” とも呼ばれる『パーレー法』は、その別名通り「マーチンゲール法と全く逆のことをする攻略法」で、勝った次のゲームで倍賭けし、負けたら最初からやり直します。
つまり連勝が続くことで、利益が倍々ゲームのように増えていきますので、一撃で多くの利益を得たい方におすすめの攻略法です。
 
【パーレー法・運用例:ベット額を1ドルで運用した場合】
1ゲーム目・1ドルベット
勝利金2ドル=1ドルの利益(※勝ったら2ゲーム目へ)
 
2ゲーム目・2ドルベット
勝利金4ドル=2ドルの利益(※勝ったら3ゲーム以降続ける)
 
『パーレー法』を単独で運用した場合は、連勝すれば何倍何十倍にも利益が膨らみます。
例え連勝中に負けたとしても、それまでの利益は0になりますが、実質的な損失は初回ベット金額分のみで済みます。
しかし、連敗すればどんどん損失が増えること、損失を取り戻すためには連勝する必要があるため、『パーレー法』の単独運用は「ミドルリスク・ハイリターンの攻略法」と言えるでしょう。
  
  

『マーチンゲール法とパーレー法』の実践方法

『マーチンゲール法とパーレー法』の実践方法

負ければ倍プッシュのマーチンゲール法と、勝てば倍賭けのパーレー法を組み合わせることで、両攻略法のデメリットを解消し、理想的な攻略法が完成します。
つまり負けてもマーチンゲール法で損失を回収し、勝てばパーレー法で莫大な利益を得られる わけです。
 
実践方法も簡単で「ゲームの勝敗で攻略法を入れ替える」だけです。
【Step1】『パーレー法』で何連勝したら利益を確定するか決める
「3連勝が利益確定の目安」として決めて、パーレー法を開始
1ゲーム目・1ドルベット(勝利・2ゲーム目へ)
2ゲーム目・2ドルベット(勝利・3ゲーム目へ)
3ゲーム目・4ドルベット(勝利・利益確定。1ゲーム目へ戻る)
 
【Step2】「パーレー法」の途中で負けたら「マーチンゲール法」を開始
1ゲーム目・1ドルベット(負け・2ゲーム目へ)
2ゲーム目・2ドルベット(勝利・再度パーレー法を開始する)
 
【Step3】「マーチンゲール法」で勝ったら「パーレー法」を再開する 
『パーレー法』運用の失敗で出た損失は『マーチンゲール法』の1勝で回収されるため、損失をプラスマイナス0に抑えつつ、大きな利益を出すことが可能になります。
言うならば、両攻略法の良い部分だけを切り取った「ローリスク・ハイリターン」の攻略法になるわけです。
  
  

まとめ

今回は、ローリスク・ハイリターンな攻略法として注目される『マーチンゲール法×パーレー法』の実践方法をご紹介しました。
 
『マーチンゲール法』を単独で実践した場合、勝利時の利益が少ないというデメリットがあります。
また『パーレー法』を単独で実践した場合は、一度で大きく勝つことはできますが、負けが続くとどんどん損失が膨らみ、取り戻すことが難しくなります。
 
お互いの攻略法が持つデメリットを解消し、メリットだけを切り取った『マーチンゲール法 × パーレー法』は、まさに理想的な攻略法です。
実践するには、ある程度の資金を用意しておく必要はありますが、最終的には大きな利益を生んでくれることでしょう。

「エコペイズに入金できない」理由と入金方法

「今すぐ『エコペイズ』で入金して、オンラインカジノのお得なプロモーションに参加したいのに、何故か入金出来なくて、参加できなかった!」。
もし、そんなケースに あなたが直面したら、とても悔しい思いをするでしょう。
今回は、入金トラブルで最悪な状況を回避するために必要な情報として「エコペイズに入金出来ない理由」と「最もお勧めな入金方法」をご紹介します。
 
 

理由1『エコペイズ』に ログイン出来ない

理由1『エコペイズ』に ログイン出来ない

エコペイズにログイン出来ない時に考えられる『原因』
1.長期間に渡って「口座を放置している
『エコペイズ』は60日以上未使用で放置していると、自動的にパスワードがリセットされ、ログインすることが出来なくなります。
もし長期間放置して、パスワードがリセットされてしまった場合には、エコペイズのサポートデスクに問い合わせをし、「パスワードの再設定」を行いましょう。
 
2.エコペイズ側から「口座を凍結されてしまった
何かしらの理由でエコペイズ側に「不正利用者」と認識された場合、口座を凍結される場合があります。
不正利用と認識されないように、エコペイズの利用規約はきちんと確認し、正しく利用することが大切です。
不正利用した覚えが無いのに、口座が凍結されてしまった場合」は、エコペイズのサポートデスクに問い合わせをして、事情を説明しましょう。
 
3.エコペイズ側が「メンテナンスを実施している 
最後にエコペイズ側が「メンテナンスを実施している」ケースについてですが、実際に2019年9月頃に、全てのアカウントでログインできなくなるトラブルが発生した事があります。
すぐに解消され事なきを得ましたが、同じようなトラブルが再び発生する可能性も否定できないため、エコペイズの他にサブ用として、オンラインカジノへの入金手段を準備しておくことをお勧めします。
 
 

理由2『銀行の営業時間外』で入金できない

理由2『銀行の営業時間外』で入金できない

エコペイズへの入金で『銀行振込』を利用する場合
銀行の営業時間外に処理した場合、実際にアカウントへ反映されるのは、翌営業日以降になります。
このケースは「銀行の都合」によるものですから、エコペイズに問い合わせをしたところで問題解決はしません。
例えば週末を利用してオンラインカジノで遊ぶ場合、金曜日の仕事終わりに銀行振込をしても、実際にアカウントへ反映されるのは月曜日以降になるため、週末に遊ぶことができなくなります。
もし週末にオンラインカジノで遊びたい場合には、少し余裕を持って水曜日あたりに銀行振込による処理を済ませておくと良いでしょう。
 
 

『最もお勧めな入金方法』

『最もお勧めな入金方法』

エコペイズで最もお勧めしたい入金手段は『銀行振込』です。
エコペイズには、銀行振込以外にも様々な入金方法が用意されています。
 
その他の入金方法1『エコバウチャー
エコバウチャーを利用すれば、間接的にクレジットカード入金は可能になりますが、手数料が高いというデメリットがあります。
 
その他の入金方法2『ポケットチェンジ
ポケットチェンジは、日本では設置場所がかなり限られていますし、手数料も高いというデメリットがあります。
  
その他の入金方法3『仮想通貨入金
仮想通貨入金は手数料も無く反映されるまでの時間もスピーディーでおすすめですが、値動きが激しいため、入金タイミングによっては大きな損失を生じてしまう可能性があります。
そして仮想通貨を運用するためにはある程度の知識が必要ですので、初心者がいきなり仮想通貨を使うのは正直無理があります。
 
このように総合的に判断しますと、手数料が0%~10%※1と低く、また入金手順も簡単で、いつも使っている銀行口座をそのまま使える『銀行振込』が最もおすすめの入金方法と言えます。
ただし先述しました通り、銀行の営業時間外に振込処理をしても、実際にアカウントへ反映されるのは翌営業日になる点はご注意ください。
 
※1)手数料は、ご利用の銀行口座によって0%~10%の間で変動します。
 
 

まとめ

今回は「エコペイズに入金できない理由と入金方法」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
エコペイズに入金できない主な理由として、「エコペイズに ログイン出来ない」「銀行の営業時間外で入金できない」という2点が挙げられます。

「エコペイズに ログイン出来ない」原因は、「1.長期間に渡って口座を放置している」「2.エコペイズ側から口座を凍結されてしまった」「3.エコペイズ側がメンテナンスを実施している」3つのケースが考えられるため、定期的にエコペイズを利用すると共に、利用規約をしっかりと読んで正しく使うようにしましょう。
また入金処理をしたのに、いつまで経ってもアカウントに反映されない場合には、エコペイズのサポートデスクに問い合わせをしてみましょう。
 
そしてエコペイズで最もお勧めしたい入金手段は『銀行振込』です。
銀行振込の手数料は0%~10%と安く、日頃から使用している銀行口座をそのまま使えるため、初めてオンライン決済サービスを使う方でも特に迷うこと無く入金できるでしょう。