安心して利殖に勤しむために

オンラインカジノはインターネット上で手軽に楽しめるカジノです。
手軽さは魅力ではありますが、いくら手軽でも裏であれこれインチキしているんじゃないか…と思ったら素直に楽しめないものです。
そこで、実際の所オンラインカジノは本当に信用出来るものなのかを検証してみるとしました。

オンラインカジノの歴史

初代iPhoneの登場が2007年。
その頃国内ではまだまだガラケーが主流を占めており、iPhoneに対しては辛辣な評価も多々ありましたが、結局はガラケーではなくiPhoneを含めたスマートフォンの時代が到来します。
それは日本国内だけではなく、世界的な流れでもあります。

スマートフォン普及以降、それまでのシステムが大きく変わりつつありますので、オンラインカジノもその辺りで出来たのではないか…と思っている人が多いことかと思いますが、実際にはオンラインカジノの歴史はそれ以前に遡ります。
オンラインカジノは1995年に登場したもので、決してスマートフォンが人気を集めるようになり、インターネットが身近になったので登場したコンテンツではないのです。
そして、登場以降法整備も進んでいます。
オンラインカジノがこれだけ世界中に多くのユーザーを抱えているのは、一攫千金を夢見ることが出来る点も大きいですが、法整備がしっかりと行われているので、「安心して」一攫千金を夢見ることが出来る点が大きいのではないでしょうか。

オンラインカジノと法律の問題

オンラインカジノは法整備が進んでいます。
つまり、いくらインターネット上だからといって決して「無法地帯」ではないのです。

まず、いくらインターネット上とはいえオンラインカジノはカジノが合法の国でのみ許されています。
インターネットはまさにボーダレスですが、基本的にサーバーが置かれている国の法律を適用する仕組みとなっています。
そのため、カジノが合法の国のサーバーに置かれているオンラインカジノであれば例えカジノが禁止されている国の人間でもOKです。
日本人もこれに含まれます。

日本の場合、カジノは法律で認められていませんので、国内で楽しむことは出来ません。
ラスベガスなどに旅行した際、カジノを楽しむのはOKですが日本国内ではカジノの営業が許されていません。
そのため、カジノを日常生活の中で目にする機会はありませんが、オンラインカジノであれば楽しめるのです。
海外旅行中にカジノを楽しんで法に問われることはありませんが、オンラインカジノでも同じです。
カジノが合法な国のサーバーに置かれているオンラインカジノを楽しんでいる分には問題ないのです。

カジノが合法な国はどこ?

日本では禁止されているとはいえ、カジノが合法な国は国際的に見れば決して珍しい訳ではありません。
代表的な国と言えばイギリスです。

イギリスといえばブックメーカーなどギャンブルがとても盛んな国なので、オンラインカジノへの理解も早く、他の国よりも早くに法整備が進みました。
アメリカの場合は少々厄介で、カジノはOKではあってもオンラインカジノは禁止としていた時期もありました。
ですがネバダ、ニュージャージー、デラウェアなどでは合法となっています。
アメリカの場合、州によってルールが変わりますが、オンラインカジノも「解禁」の方向に向かっている州が多いのです。

業者を見極めよう

カジノが合法の国であればオンラインカジノもOK。
簡単に言えばこのような話ですが、一口に「国」と言っても大きいものです。
そのため、オンラインカジノの業者も多数あります。
それらの業者が全て信頼出来るのかと言えば、その点もチェックしなければなりません。

国の法律でOKだからオンラインカジノの運営もOK…ではなく、オンラインカジノを運営するためには認可を受けなければならないのです。
いくらオンライン上ではあっても、ギャンブルである以上、誰でも勝手に営業できるようにしてはまさに「無法地帯」になりかねません。
そこで多くの国ではオンラインカジノの業者に対して運営しても良いかどうかを判断し、問題なしと判断した業者にのも運営を許可する認可制度としているのです。

オンラインカジノのサイトのページを見れば、どこから認可を受けているのかが分かりますので覚えておくとよいでしょう。
認可を受けているオンラインカジノであれば、国や行政から太鼓判を押されていることになりますので、安心して楽しめるのは間違いありません。
一方、認可を受けていなかったり、あるいは認可のマークを偽造するなどして巧妙にオンラインカジノを運営している業者もいます。
認可マークだけで安心するのではなく、オンラインカジノ業者のことを調べてみれば、すぐにでも健全な業者なのかどうかが分かるはずです。

なぜなら、オンラインカジノの認可を受けている業者の多くは、オンラインカジノだけを運営しているのではなく、リゾートやエンターテイメントなどのビジネスも手掛けている業者が多いのです。
決してオンライン上だけで営業している訳ではありませんので、少し調べればその会社が何をしている所なのかが分かるのです。

安全性と信頼性に長けたオンラインカジノ

オンラインカジノとはどういったギャンブルなのか

オンラインカジノとはどういったギャンブルなのか

オンラインカジノは、ネット上で出来る、本格的なカジノゲームの一つです。歴史のあるカジノの世界をそのまま再現したネットカジノで、世界中で人気となっています。
運営をしているのは、大手の株式市場上場企業で、ヨーロッパ諸国では、エンターテイメントに一つとして親しまれています。
テレビのコマーシャルで放映されたり、街中に看板があったりと、オンラインカジノは、既にメジャーな存在となっています。
日本国内ではあまり浸透していないともいえますが、日本語対応サイトも増えており、日本人スタッフが常駐しているさいとも増えていますので、プレイヤーも徐々に増えつつあります。

また、オンラインカジノの世界も日々進化を遂げており、ビックタイトルとのコラボゲームだったり、生中継でカジノが楽しめるライブディーラーや、他のプレイヤーと対戦が楽しめるマルチプレイヤーシステムなどが導入され、非常にエキサイティングなプレイが楽しめます。
実際にお金を賭けて楽しめることから、ギャンブルなのですが、ゲームも豊富なので、ゲームを純粋に楽しむ事も出来ます。
オンラインカジノには、さまざまな特徴が有りますので、具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノの信頼性とは?

オンラインカジノというと、非常に怪しいといったイメージがあると思います。しかし、オンラインカジノは、基本的に国や政府の許可を得て運営していますので、その点では、日本の公営ギャンブルと同じであると考えて良いといえるでしょう。
一般的な娯楽としても浸透していて、オンラインカジノそのものは何ら違法性はありません。
さらに、その市場規模は非常に大きく、実際のラスベガス、フィリピンなどのランドカジノを大きく上回るといわれています。

また、オンラインカジノは、政府発行のライセンスを取得して運営されていて、このライセンスを取得するための審査は厳しいことでも知られています。
高額なライセンス料が必要な上、企業の財務状況やその経緯、また現状、透明性なども審査されますので、体力のない企業が申請をすることは出来ないのです。
ライセンス発行国によって、その審査基準の厳しさにはばらつきがありますが、ライセンスを取得しているということは非常に安全性が高いことを示しています。
公式ホームページにライセンスマークが記載されていれば、そのオンラインカジノは、ライセンスを取得しているということですので、まず安心出来ると考えて問題はありません。

定期的な監査を受けているオンラインカジノ

定期的な監査を受けているオンラインカジノ

オンラインカジノは、ライセンスがなければ運営できないのはもちろんですが、それで終了というわけではなく、定期的にその後も外部の監査機関にて監査を受けることが義務づけられています。
監査は、専用の監査機関によって行われています。
有名な外部の監査機関として知られているのが、「eCOGRA」「TST」などです。定期的に抜き打ちで、これらの監査機関から、オンラインカジノは不正がないか、ペイアウト率や、その公平性を監査されています。
それらのデータは全て公表され、そして多くのオンラインカジノは、監査によって認定を受けています。

また、オンラインカジノだけではなく、ソフトウェアを提供しているソフトウェア会社なども監査を受けています。
監査結果にはペイアウト率なども表示されていますし、これらの数字は大変信頼できます。
オンラインカジノは、このように不正やイカサマをする事が出来ないように監査が行われています。
オンラインカジノ側も、多額のライセンス料を支払い、コストをかけた上でオンラインカジノ運営を行っていますので、不正やイカサマをするメリットはありません。

また、オンラインカジノを運営している企業の多くは一流企業であり、一時の利益のために社会的な信用性を失ってまで不正を行うことはしないと考えられています。
オンラインカジノはこういった理由で安全といえるのです。

法的に問題はないの?

法的に問題はないの?

オンラインカジノは法的に問題はないの?ということはよく議論されがちです。
実際、オンラインカジノに関する具体的な法律はありませんので、合法なのか違法なのかというと、それは極めて曖昧になっています。今のところ、法律的にはグレーゾーンとなっていて、法律家の間でも見解が分かれています。

しかし、現状、オンラインカジノで日本人が国内からサイトにアクセスし、プレイをしていても、罰せられてしまうということはありません。
これはなぜかというと、賭博罪というのは、胴元とプレイヤーどちらもを逮捕することが出来るということが条件ですので、胴元が海外にある以上、オンラインカジノは、賭博罪として適用外となってしまうからです。

また、オンラインカジノは、海外の国では合法ですので、これを日本の法律だけで取り締まることは難しいです。
オンラインカジノの法律的な事に関しては複雑ですが、プレイヤーが今すぐ逮捕されてしまう可能性は極めて低いですので、現時点では安心であるといえます。

オンラインカジノが違法となるケース

諸外国すべてが合法ではない

諸外国全てで合法であるわけではない

日本でも違法に近いサービスと思われているオンラインカジノは、海外でも同様の対応が行われています。オンラインカジノを遊んでいるユーザーを、海外の警察も調査することが難しいために、遊んでいるユーザーを逮捕できない状況が続いています。
オンラインカジノを合法としている国は、オンラインカジノのライセンスを提供している国だけであり、かなり限られた地域だけしか合法だと思われていないのです。

オンラインカジノを合法としている国

オンラインカジノを合法と判断している国、つまりライセンスを提供している国は限られています。日本に一番近い国だと、フィリピンが該当しています。フィリピンが持っているオンラインカジノのライセンスは、比較的取ることが難しいとされています。
他にはモンゴルもオンラインカジノのライセンスを持っています。モンゴルが持っているオンラインカジノのライセンスは、意外と簡単に取れるとも言われ、一時期は悪用されていました。現在は制限が厳しくなったことで、ライセンス取得は難しい傾向も出ています。
他にはマルタやイギリスなど、ライセンスを発行している国はいくつかあります。オンラインカジノのライセンスを提供する国というのは、大半がオンラインカジノを合法として判断しており、その国で遊んでいるだけなら逮捕されることはほぼありません。

カジノライセンス

オンラインカジノのライセンスがなければ違法

一方で、海外でも合法ではなく、違法と判断されることがあります。一番の原因は、ライセンスを持っていなかったことです。オンラインカジノを作るためには、ライセンスが一番重要になります。オンラインカジノを運営しているのに、必要な資格を持っていないまま続けているのであれば、違法と判断されます。
この場合、逮捕されるのは運営者が多くなりますが、遊んでいるユーザーもわかっていて遊んでいた場合は逮捕されることがあります。日本人にはあまり関係のない話かもしれませんが、海外では意外と逮捕される事例として多くなっています。

ライセンスの有無はしっかり確認しよう

オンラインカジノを選ぶ際は、ライセンスを持っているかどうかを判断してください。もしライセンスを持っていないオンラインカジノで遊んでいたとすれば、非常に危ない状況であり、違法な賭博をしたことで逮捕される可能性も高まります。
ライセンスを持っているかは、ホームページ上に大々的に掲載されていますので、初心者でもすぐに見つけることができるでしょう。

違法である日本

日本人が運営するのは間違いなく違法

日本では今の所オンラインカジノでプレイすることは違法でも合法でもない、グレーゾーンと言う扱いになっています。
その上、オンラインカジノは、とんでもない金額が一度に支払われる可能性もあるので、何十年かかっても稼げないような金額が一気に手に入るので、多くの収入を得たいと思ってオンラインカジノでギャンブルに挑戦することも考える日本人の方も当然居られるでしょう。
また、プレイする以外のもう1つ稼ぐ方法として、オンラインカジノを運営したいと考える人もいるでしょう。
確かにオンラインカジノの運営を行えば、1年で多額の収入を得られるのは事実です。しかし、オンラインカジノを日本人が運営するのは明確に違法とされています。

日本人が運営してはいけない

カジノ全般に言えることですが、日本では違法として判断されていることですから、運営側に入ってはいけません。闇カジノを作って運営している人も、いつかは摘発されて逮捕されてしまいます。オンラインカジノでも同様のことが起こり、最初のうちはバレないだろうと思っても、数ヶ月くらいであっさりと摘発されてしまいます。
日本人が運営していないように、サーバーを海外に置くなどして対応する手法はよく使われます。しかし、日本人向けにオンラインカジノを提供していることがすぐに分かってしまったり、日本人が遊びやすいようにライブゲームを提供しているなどの情報が判断されると、警察が摘発を行うこともあるのです。
オンラインカジノは、日本人が運営をしてはいけません。そもそもライセンスを取得することもできないので、海外でも違法な運営をしていると判断されます。最終的には、色々な団体から情報を調べられて、逮捕されてしまいます。

日本人プレイヤー

日本人は遊ぶ側だけで留まろう

過去にも、日本人がオンラインカジノを運営していたことで逮捕されたニュースがあります。日本人は、オンラインカジノを遊ぶ側にとどめておいたほうがいいでしょう。遊んでいるだけなら、逮捕される可能性というのは高くありません。
オンラインカジノを実際に運営することが違法なのは間違いないのですが、違法なギャンブルを不特定多数の人に提供しているのは、違法である以前に非常に問題となります。
オンラインカジノを遊ぶだけなら逮捕されることはないのですが、運営に関わっていた場合には懲役をかけられるだけでなく、罰金として売上の全額を徴収されてしまいます。
これでは得ている利益なんて残ることがありませんし、執行猶予が付いても前科を持つことになりますので、今後の生活も厳しくなってしまうでしょう。