親和性はあれども違法性はない

オンラインカジノに違法性はない

IR法案(通称:カジノ法案)の成立により、日本でももうまもなくカジノが解禁となります。
これまでカジノで楽しむためには、ラスベガスやマカオまで足を運ぶ必要がありましたが、日本にカジノが誕生すればわざわざ海外まで出かけなくてもカジノを楽しむことができるようになります。

しかし、現在はまだ法律でカジノは合法となっていませんので、国内でのカジノ行為は違法となります。
ところが、カジノ行為は違法といっても、それは日本国内に賭場を置き、そこで金銭のやりとりを行った場合です。

オンラインカジノはポーカーやルーレットなどカジノ店と同じカジノゲームを利用したギャンブルなのですが、運営会社、サイトのサーバー等すべてが海外に置かれています。
これは賭場が海外にあり、そこでギャンブルを行っているということになるので、ラスベガス、マカオでカジノを楽しむのと同じ事になります。
その為、オンラインカジノを利用しても法律により裁かれることはありません。

オンラインカジノは還元率96%というギャンブル業界最大の還元率で楽しめますので、ギャンブルが好きな方だけでなく、ギャンブルに興味を持っているという方にもオンラインカジノはおすすめです。

世界各国に存在するオンラインカジノ

オンラインカジノはギャンブル業界の中でも大変人気の高いギャンブルですが、世界には多くのオンラインカジノが存在します。
その数は今では2000を超えるほどとなっていて、初めてオンラインカジノを利用する方はどこのオンラインカジノを選べば良いのかとオンラインカジノ選びの段階で足踏みしてしまうことでしょう。

SunMaker Casino、ボバダカジノといった世界的なオンラインカジノ業界トップのオンラインカジノを選べば間違いなく楽しめるのですが、この2つのオンラインカジノをはじめ多くのオンラインカジノでは英語でのサイト表示が基本となっているため、英語ができない方はその魅力を十分に堪能することができません。

しかしオンラインカジノの中には日本語に対応しているところもあります。
日本語に対応していれば、サイトに掲載されている情報もしっかり理解できますし、ゲームの遊び方や入出金方法に関しても不安を感じることなく楽しむことができます。
その日本語対応可のオンラインカジノの中でも日本人から高い人気を得ているのがベラジョンカジノです。

ゲームもサポートも日本語対応なので安心

ベラジョンカジノはゲームからサポートまで日本語対応となっている為、英語がまったくわからなくてオンラインカジノを楽しむことができます。
しかもサポートに関しては現地スタッフではなく、日本人スタッフがサポートを行ってくれるので、わからないことがあっても日本語で尋ね、日本語で答えてもらうことができます。

メールに関しても同じで、日本語で問い合わせを行い、日本語で返信してもらえるので、誤った翻訳をし問題を大きくしてしまうようなこともありません。
このようなサポートへの問い合わせページであるヘルプセンターもすべて日本語表記となっているので、サイト内の日本語案内に従えばスムーズに問い合わせを行うことができます。

業界No.1の豊富なゲーム数

オンラインカジノで最も重視されるのはやはりなんといってもゲームの内容、数でしょう。
オンラインカジノは安全性に関しては運営を許可されたその時点から保証されていますので、実際にお金を賭けて楽しむゲームの内容やゲーム数に期待を寄せてしまいます。

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界一と言われるほど多くのゲームを取り揃えています。
オンラインカジノは運営、ソフトウェア、決済と別々の会社が取り仕切っています。
基本的にソフトウェアに関してはソフトウェア会社から借り受ける形でプレイヤーに提供しています。

ソフトウェア会社が1社だけですと、どうしてもゲーム内容に偏りが生じてしまいプレイヤーを満足させることができないので、多くのオンラインカジノでは複数社、2社から5社ほどのソフトウェア会社からソフトウェアを借り受けて運営しています。

しかしベラジョンカジノでは10数社のソフトウェア会社のソフトウェアを採用しているので、その他のオンラインカジノよりもバラエティに富んだゲームを楽しむことができます。
さらにそのソフトウェア会社の中には利用許可がなかなか下りない、有名ソフトウェア会社も多く含まれているので、ただ単に様々なゲームを楽しめるというだけでなく、多くの一流ソフトウェアのゲームを楽しむことができます。

そして、多くのソフトウェア会社を利用しているということはそれだけゲーム数も多ということになります。
ベラジョンカジノのゲーム数はすべて合わせると700種類を超えます。これはオンライン業界でもトップクラスのゲーム数です。
同じスロットマシーンでも遊び方が違えば、賭けられる金額の上限も違いますので、ゲームに飽きることなくいつまでも楽しみながらプレイすることができます。
こういった豊富なゲーム数を取り揃えているということもまたベラジョンカジノが日本人に人気となっている理由です。

高い人気を得ているのにはそれ相応の理由がある

有名なゲームから新作のゲームまで、魅力的かつ刺激的なカジノゲームがプレイできるオンラインカジノ。
現在は日本国内でも安全して遊べるオンラインカジノが充実しています。

高い人気を得ているのにはそれ相応の理由がある

今回はその中から日本で大変人気のある「ベラジョンカジノ」について、その人気の秘密と遊び方についてたっぷりと紹介していきたいと思います。

ベラジョンカジノとは?

ベラジョンカジノはマルタに拠点を置くオンラインカジノで、2011年に設立されました。
利用環境が揃っていれば24時間365日、好きな時にどこでも遊べるカジノです。

オンラインカジノとしては比較的新しい方ですが、世界中のファンが昼夜を問わず盛んにプレイしています。
特に日本での評価はとても高く、国内トップクラスの人気を誇るオンラインカジノとなっています。

利用者のニーズに応えるきめ細やかなサービス

ベラジョンカジノの人気の秘密。
その1つには利用者を十分に満足させる圧倒的なゲーム数があります。
カジノで提供されているゲームは700種類を超え、ジャックポットだけでも40種類以上を取り揃えるという充実ぶりです。
定番となっているスロット・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーなどの人気ゲームはもちろんのこと、現在最も熱い注目を浴びているライブカジノ・ベラジョン限定のゲームなど、魅力的なゲームが数多く取り揃えられています。

ベラジョンカジノの特徴として際立つのが、ゲームへの馴染みやすさです。
定番のゲームから新作のゲームまで、複雑なルールや操作がありません。
どのゲームもワンクリックから数クリック程度と、初心者でも簡単にプレイができます。
ゆったりとプレイしたい・サクサク遊びたい・ちょっとした時間に楽しみたいといった、利用者のニーズに応えるきめ細やかな配慮がされています。

「魅力的なゲームがあるのは分かったけど、パソコンでしかできないの?」という心配も不要です。
ベラジョンカジノはネット環境が整っていれば、誰もが楽しめるオンラインカジノです。
パソコン・iPhone・スマートフォン・タブレットなどからアクセスして、ベラジョンカジノを思いきり楽しんでしまいましょう。

ベラジョンカジノが安全な理由

ベラジョンカジノが安全な理由

「日本でカジノは違法では」と思っている人がいると思います。
ベラジョンカジノはMGA(Malta Gaming Authority)のライセンスを所有し、MGAによる厳格な監査と規制の下で合法的に運営をしています。
更に、ベラジョンカジノはイギリス・デンマーク市場向けのライセンスも取得するなど、利用者の安全を保障するための積極的な取り組みを続けています。
ベラジョンカジノは日本国外で運営されているオンラインカジノなので、日本人が国内でプレイしても法的には何の問題もありません。

ベラジョンカジノの入出金について不安を持たれている方もいると思います。
入金方法にはクレジットカードの他、ビットコイン・エコペイズ・i-walletなどが利用できます。
入出金情報の送受信は、全てSSL(Secure Socket Layer)256ビット通信で行われますので、データを第三者に悪用される心配はありません。

ベラジョンカジノは海外に拠点を置くオンラインカジノですが、日本人に配慮をしたサポートを展開しています。
お問い合わせの対応は全て日本語でOKで、メールまたはチャットでの相談が可能です。
利用者に何かしらのトラブルが発生したとしても、365日年中無休で対応してくれます。

申し込みはとっても簡単

ベラジョンカジノへの申し込みはとても簡単です。
ホームページ画面に表示されている「今すぐ登録しよう!」ボタンをクリックし、必要事項を入力すればOK。
アカウントの登録完了後に入金をすれば、好きなゲームですぐに遊べます。

ベラジョンカジノではアカウントを登録した人に、もれなく10ドルのお試しボーナスがプレゼントされます。
10ドル分だけ無料で遊べるので、気になるゲームのお試しプレイができてしまいます。

ベラジョンカジノではアカウント登録後の初回入金に、嬉しいサービスが設けられています。
初回入金には入金額に応じて100%のボーナスが付きます。
例えば100ドルを入金すると100ドル分のボーナスが付与されるので、200ドルを資金として遊ぶことができるのです。
ボーナスは最大で500ドル分まで付与されるので、500ドルを入金すると1,000ドルの軍資金でリッチにゲームを楽しめます。

「入金ボーナスは初回だけなのか」と思われるかもしれませんが、このボーナスは2回目・3回目の入金ボーナスが用意されています。
特に、3回目の入金ボーナスは「$5スピンクレジット」が連続10日間にわたり日替わりで無料進呈されるという、手厚いサービス付きです。

ベラジョンカジノには嬉しいイベントがいっぱい

ベラジョンカジノには嬉しいイベントがいっぱい

ベラジョンカジノでは入金ボーナス以外でも嬉しいサービスが用意されています。
例えば必勝勝利金キャンペーンです。
必勝勝利金キャンペーンは、シングルスピンでその日の最高賞利金を手にした人に、最低5,000ドルの勝利金が約束されているイベントです。
もしも最高賞利金が5,000ドルに達していない場合は、不足分をカジノ側が補填してくれます。
つまり、毎日誰か1人は必ず5,000ドルの勝利金をGetできるのです。

この他にもベラジョンカジノでは日本限定のイベントや季節・行事にちなんだイベントなどを定期的に行っています。
イベントの情報についてはベラジョンカジノ公式ホームページで確認ができるので、定期的にチェックしてみると良いでしょう。

まずはベラジョンカジノから始めてみよう

ベラジョンカジノが人気なのは、豊富なゲームや魅力的な特典・手厚いサポートがあるからです。
日本向けにサービス展開をしている部分もあるので、日本人にとっては馴染みやすいオンラインカジノと言えるでしょう。
もしも、初めてオンラインカジノをプレイしようとしているのであれば、まずはベラジョンカジノから始めてみることをオススメします。

近年主流の座を占めるようになったソフトウェア

オンラインカジノで大人気のソフトウェア

オンラインカジノで大人気のソフトウェア

オンラインカジノのネットエントは、ソフトウェアの中でも一流と呼ばれているソフトウェアです。
非常に視覚的にわかりやすく、シンプルで遊びやすいソフトウェアでプレイヤーからも人気があります。

オンラインカジノには、さまざまなソフトウェアが存在していますが、中には悪質と呼ばれるようなソフトウェアも存在しています。
安全に遊びたいと思うのであれば、優良なソフトウェアを選ぶ必要性があります。
信頼性の高いソフトウェアは限られていて、ネットエントもその中に含まれています。

そこで今回は、ネットエントについて詳しくご紹介をします。

1996年に登場した老舗のネットエント

ソフトウェア会社にはさまざまな会社がありますが、ネットエントは1996年に創立された老舗のソフトウェア会社です。
正式社名を「ネットエンターテイメント」といい、主にカジノ事業を展開しています。

スウェーデンを本拠地としており、ストックホルム証券に上場をしている企業です。
元々は大手のチェリーグループという企業であり、その子会社として今は事業を展開しています。
レストランや、カジノへとギャンブル機材を提供したり、またカジノゲーム開発を行っています。

元々はマイクロゲーミング、プレイテックと比較するとマイナーなソフトウェア会社であったものの、ここ数年で大成長を遂げました。
今では、多くのオンラインカジノがソフトウェアを導入されており、プレイヤーからの評判も良いです。
ゲーム作品の一つ一つが丹精込めて作られており、面白さが満載で公平性も保たれており、オンラインカジノプレイヤーが安心して遊べるゲームソフトウェアなのです。

ノーダウンロードタイプのソフトウェア

ノーダウンロードタイプのソフトウェア

ネットエントは、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノのソフトウェアです。
通常オンラインカジノでプレイをスタートする際に、ダウンロードをすることが必要となります。
パソコンでの空き容量が必須となりますし、手間がかかってしまうことになるのですが、ネットエントならダウンロードが不要でプレイができます。

ブラウザ上でゲームができますので、ダウンロードの手間がかからないだけではなく、パソコンの容量を気にすることもありません。
以前までは、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノは、ゲーム性が弱いと思われていました。
しかし、ネットエントのゲームは非常に面白く遊ぶことができます。
JavaFlashさえインストールが完了していれば、ダウンロード時間を削減することも出来るので、とてもおすすめです。

また、ネットエントの場合、視覚的にもわかりやすくスタートもしやすくなっています。
以前までは、ダウンロードタイプのオンラインカジノがメジャーでしたが、昨今ではこのようなブラウザ上で遊べるタイプのカジノが増えてきており主流となっていいます。

ネットエントのゲーム性について

ネットエントは、シンプルで大変視覚的に分かりやすいゲームが多いです。
日本語の対応でなくても問題がないようなゲームが揃っていて、その点が大きな魅力となっています。
ゲーム画面はもちろん、キャッシャーなどもシンプルで、使いやすく遊びやすいのが特徴となっています。

また、ネットエントのゲームはサプライズ的な要素も強く、ボーナスコーナーなど、ユーモアなどが溢れ出しています。
さらに、ネットエントのゲームは最新の技術を巧みに使っているのが特徴です。
特に、スターバースト、ツインスピンというゲームは、ネットエントの中でもとても人気の定番ゲームとなっています。

また、プログレッシブジャックポットシステムも搭載されており、高額な賞金が当たるチャンスもあります。
2013年には自社でライブカジノスタジオを設立しており、24時間ライブ配信を行っています。
ライブディーラーでは、ブラックジャックや、ルーレットなどをライブで遊ぶことができます。

ネットエントの公平性と安全性

ネットエントの公平性と安全性

ネットエントの公平性と安全性は極めて高いと考えられています。
ネットエントは、オンラインカジノ業界では知名度の高い「イーコグラ」という第三者機関からの監査を受けています。
非常に厳しい監査であり、少しの不正も許されません。
こちらの機関から認定を受けているということで、その公平性は確立されています。

また、TST、SKLという二つの監査機関に置いて、ランダムナンバージェネレーターの認定を受けているというのも大きな特徴です。
大抵のソフトウェアはこちらのどちらかですので、二つからの認定を受けるというのはこれは結構凄いことです。
このことと関係があるかどうかは定かではありませんが、ネットエントの波は業界一穏やかであると言われています。
ネットエントは、プレイヤーからの信頼を重視しており、実際に公平性のあるゲームとしてリリースされています。

安全性に優れたオンラインカジノ向け決済サービス

イギリスで誕生した安全性重視の電子決済サービス

イギリスで誕生した安全性重視の電子決済サービス

エコペイズはいまやオンラインカジノの代表的な決済方法として知られています。
エコペイズがオンラインカジノで広く用いられるようになったのは、その他のオンライン決済サービスと比べて安全性が高かったというのが一番の理由です。

エコペイズの運営会社であるPSI-Pay Ltdは、エコペイズの立ち上げにあたりイギリスの金融庁にそのサービスを認可されています。
この認可はつまるところ、国家により認められたサービスを提供しているということですので、安全性に優れたオンライン決済サービスであると判断することができます。

世界的なインターネットの普及により、オンライン決済サービスも数え切れないほど登場しています。
オンライン決済サービスによってはセキュリティが弱く、情報の漏洩が懸念されるようなところも少なからずあります。
しかしエコペイズはイギリスのお墨付きのオンライン決済サービスですので、オンライン決済で心配される情報の漏洩、ウイルス被害などのことは考えることなく安心した気持ちで利用を続けていくことができます。

エコペイズを利用するにはアカウント作成を行うだけ

エコペイズは運営会社のあるイギリスのポンドだけではなく、世界159ヶ国、45種類もの通貨を取り扱っているので、日本円での入金、出金も可能となっています。
そして、こうした世界対応しているため、言語に関しても同じく世界対応となっています。

海外のサービスを利用したことがある方ならばわかると思いますが、海外のサービスのアカウント登録は基本的にその国の言語、または英語となっているので、海外のサービスのアカウント作成の経験が少ない方はかなり苦労してしまうことでしょう。
エコペイズは日本円と同じく言語にも対応しているので、アカウント作成も日本語表示に従い行うことができます。
ユーザーネームからスタートし空欄を埋めていき、最後にアカウントの作成をクリックするだけでアカウント作成は終了となります。

アカウント作成後に行わなければならないこと

アカウント作成後に行わなければならないこと

実はエコペイズは、アカウントを作成しただけの状態ではオンラインカジノでは活用できません。
オンラインカジノで活用できる状態にするにはエコペイズアカウントのアップグレードが必要となります。
エコペイズには、アカウント開設時のクラシックから始まり、シルバー、ゴールド、プラチナ、VIPの5段階のランクがあります。
クラシックの状態では、銀行口座への現金の引き出しを行う事ができないため、ランクが1つ上のシルバーアカウントにグレードアップする必要があります。

シルバーアカウントにグレードアップすると、銀行口座への現金の引き出しだけでなく、他のエコペイズアカウントへの送金やサブアカウントへの送金も可能となります。
グレードアップ方法は本人確認とセキュリティ強化を行うだけなので、特別な手続きや手間は一切必要としません。
まず本人確認についてですが、本人だということを確認するための免許証等の画像、それに住所が正しいかどうかを確認するための住民票等の書類の画像、この2点の画像をアップロードします。

そしてもう一つがセキュリティの強化です。
こちらはセキュリティの質問を決めるだけですので、両親の旧姓や好きなアーティストなどわかりやすい質問内容にすると良いでしょう。
こうしてアップグレードを申請すると、数日後にメールにて結果が届きます。

エコペイズの実際の使用方法

オンラインカジノでエコペイズを使用するにはまずエコペイズへの入金が必要となります。
エコペイズへ入金するにはエコペイズのマイページの入金から行います。
国際銀行送金とビットコインを選べますので、自身が利用しやすい方を選んで入金します。
どちらの入金方法にしても、画面上の指示に従い進めていけば簡単に入金することができます。

エコペイズの実際の使用方法

エコペイズへ入金ができたら、次はオンラインカジノへの入金です。
オンラインカジノへ入金するにはオンラインカジノのマイページの入金メニューにて行います。
今はどこのオンラインカジノでもエコペイズからの入金が可能となっているので、入金メニューの中にエコペイズがあります。
エコペイズを選び入金額を決定すると、そこからエコペイズのマイページへと飛ぶようになっていますので、エコペイズからオンラインカジノへの入金も簡単に行うことができます。

入金とは逆にオンラインカジノからエコペイズへの出金もオンラインカジノのマイページから行えます。
入金の場合と同じで、出金メニューの中からエコペイズを選び出金額を決定します。

そして続いて、エコペイズからの出金方法です。
エコペイズから自身の所有する銀行口座に移すには、エコペイズの出金メニューにある引き出しから行います。
出金額、出金する銀行の口座情報等を入力すると、3、4日程度で出金額が口座に移されます。

いかがでしょうか。エコペイズがあればオンラインカジノの入出金をこんなにも手間なく行うことができます。
エコペイズを年会費をはじめ、利用するにあたり手数料も一切かかりませんので、オンラインカジノを行うのであれば同時にエコペイズのアカウンも開設しましょう。

安心して利殖に勤しむために

オンラインカジノはインターネット上で手軽に楽しめるカジノです。
手軽さは魅力ではありますが、いくら手軽でも裏であれこれインチキしているんじゃないか…と思ったら素直に楽しめないものです。
そこで、実際の所オンラインカジノは本当に信用出来るものなのかを検証してみるとしました。

オンラインカジノの歴史

初代iPhoneの登場が2007年。
その頃国内ではまだまだガラケーが主流を占めており、iPhoneに対しては辛辣な評価も多々ありましたが、結局はガラケーではなくiPhoneを含めたスマートフォンの時代が到来します。
それは日本国内だけではなく、世界的な流れでもあります。

オンラインカジノの歴史

スマートフォン普及以降、それまでのシステムが大きく変わりつつありますので、オンラインカジノもその辺りで出来たのではないか…と思っている人が多いことかと思いますが、実際にはオンラインカジノの歴史はそれ以前に遡ります。
オンラインカジノは1995年に登場したもので、決してスマートフォンが人気を集めるようになり、インターネットが身近になったので登場したコンテンツではないのです。
そして、登場以降法整備も進んでいます。
オンラインカジノがこれだけ世界中に多くのユーザーを抱えているのは、一攫千金を夢見ることが出来る点も大きいですが、法整備がしっかりと行われているので、「安心して」一攫千金を夢見ることが出来る点が大きいのではないでしょうか。

オンラインカジノと法律の問題

オンラインカジノは法整備が進んでいます。
つまり、いくらインターネット上だからといって決して「無法地帯」ではないのです。

まず、いくらインターネット上とはいえオンラインカジノはカジノが合法の国でのみ許されています。
インターネットはまさにボーダレスですが、基本的にサーバーが置かれている国の法律を適用する仕組みとなっています。
そのため、カジノが合法の国のサーバーに置かれているオンラインカジノであれば例えカジノが禁止されている国の人間でもOKです。
日本人もこれに含まれます。

日本の場合、カジノは法律で認められていませんので、国内で楽しむことは出来ません。
ラスベガスなどに旅行した際、カジノを楽しむのはOKですが日本国内ではカジノの営業が許されていません。
そのため、カジノを日常生活の中で目にする機会はありませんが、オンラインカジノであれば楽しめるのです。
海外旅行中にカジノを楽しんで法に問われることはありませんが、オンラインカジノでも同じです。
カジノが合法な国のサーバーに置かれているオンラインカジノを楽しんでいる分には問題ないのです。

カジノが合法な国はどこ?

カジノが合法な国はどこ?

日本では禁止されているとはいえ、カジノが合法な国は国際的に見れば決して珍しい訳ではありません。
代表的な国と言えばイギリスです。

イギリスといえばブックメーカーなどギャンブルがとても盛んな国なので、オンラインカジノへの理解も早く、他の国よりも早くに法整備が進みました。
アメリカの場合は少々厄介で、カジノはOKではあってもオンラインカジノは禁止としていた時期もありました。
ですがネバダ、ニュージャージー、デラウェアなどでは合法となっています。
アメリカの場合、州によってルールが変わりますが、オンラインカジノも「解禁」の方向に向かっている州が多いのです。

業者を見極めよう

カジノが合法の国であればオンラインカジノもOK。
簡単に言えばこのような話ですが、一口に「国」と言っても大きいものです。
そのため、オンラインカジノの業者も多数あります。
それらの業者が全て信頼出来るのかと言えば、その点もチェックしなければなりません。

国の法律でOKだからオンラインカジノの運営もOK…ではなく、オンラインカジノを運営するためには認可を受けなければならないのです。
いくらオンライン上ではあっても、ギャンブルである以上、誰でも勝手に営業できるようにしてはまさに「無法地帯」になりかねません。
そこで多くの国ではオンラインカジノの業者に対して運営しても良いかどうかを判断し、問題なしと判断した業者にのも運営を許可する認可制度としているのです。

オンラインカジノのサイトのページを見れば、どこから認可を受けているのかが分かりますので覚えておくとよいでしょう。
認可を受けているオンラインカジノであれば、国や行政から太鼓判を押されていることになりますので、安心して楽しめるのは間違いありません。
一方、認可を受けていなかったり、あるいは認可のマークを偽造するなどして巧妙にオンラインカジノを運営している業者もいます。
認可マークだけで安心するのではなく、オンラインカジノ業者のことを調べてみれば、すぐにでも健全な業者なのかどうかが分かるはずです。

なぜなら、オンラインカジノの認可を受けている業者の多くは、オンラインカジノだけを運営しているのではなく、リゾートやエンターテイメントなどのビジネスも手掛けている業者が多いのです。
決してオンライン上だけで営業している訳ではありませんので、少し調べればその会社が何をしている所なのかが分かるのです。

安全性と信頼性に長けたオンラインカジノ

オンラインカジノとはどういったギャンブルなのか

オンラインカジノとはどういったギャンブルなのか

オンラインカジノは、ネット上で出来る、本格的なカジノゲームの一つです。歴史のあるカジノの世界をそのまま再現したネットカジノで、世界中で人気となっています。
運営をしているのは、大手の株式市場上場企業で、ヨーロッパ諸国では、エンターテイメントに一つとして親しまれています。
テレビのコマーシャルで放映されたり、街中に看板があったりと、オンラインカジノは、既にメジャーな存在となっています。
日本国内ではあまり浸透していないともいえますが、日本語対応サイトも増えており、日本人スタッフが常駐しているさいとも増えていますので、プレイヤーも徐々に増えつつあります。

また、オンラインカジノの世界も日々進化を遂げており、ビックタイトルとのコラボゲームだったり、生中継でカジノが楽しめるライブディーラーや、他のプレイヤーと対戦が楽しめるマルチプレイヤーシステムなどが導入され、非常にエキサイティングなプレイが楽しめます。
実際にお金を賭けて楽しめることから、ギャンブルなのですが、ゲームも豊富なので、ゲームを純粋に楽しむ事も出来ます。
オンラインカジノには、さまざまな特徴が有りますので、具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノの信頼性とは?

オンラインカジノというと、非常に怪しいといったイメージがあると思います。しかし、オンラインカジノは、基本的に国や政府の許可を得て運営していますので、その点では、日本の公営ギャンブルと同じであると考えて良いといえるでしょう。
一般的な娯楽としても浸透していて、オンラインカジノそのものは何ら違法性はありません。
さらに、その市場規模は非常に大きく、実際のラスベガス、フィリピンなどのランドカジノを大きく上回るといわれています。

また、オンラインカジノは、政府発行のライセンスを取得して運営されていて、このライセンスを取得するための審査は厳しいことでも知られています。
高額なライセンス料が必要な上、企業の財務状況やその経緯、また現状、透明性なども審査されますので、体力のない企業が申請をすることは出来ないのです。
ライセンス発行国によって、その審査基準の厳しさにはばらつきがありますが、ライセンスを取得しているということは非常に安全性が高いことを示しています。
公式ホームページにライセンスマークが記載されていれば、そのオンラインカジノは、ライセンスを取得しているということですので、まず安心出来ると考えて問題はありません。

定期的な監査を受けているオンラインカジノ

定期的な監査を受けているオンラインカジノ

オンラインカジノは、ライセンスがなければ運営できないのはもちろんですが、それで終了というわけではなく、定期的にその後も外部の監査機関にて監査を受けることが義務づけられています。
監査は、専用の監査機関によって行われています。
有名な外部の監査機関として知られているのが、「eCOGRA」「TST」などです。定期的に抜き打ちで、これらの監査機関から、オンラインカジノは不正がないか、ペイアウト率や、その公平性を監査されています。
それらのデータは全て公表され、そして多くのオンラインカジノは、監査によって認定を受けています。

また、オンラインカジノだけではなく、ソフトウェアを提供しているソフトウェア会社なども監査を受けています。
監査結果にはペイアウト率なども表示されていますし、これらの数字は大変信頼できます。
オンラインカジノは、このように不正やイカサマをする事が出来ないように監査が行われています。
オンラインカジノ側も、多額のライセンス料を支払い、コストをかけた上でオンラインカジノ運営を行っていますので、不正やイカサマをするメリットはありません。

また、オンラインカジノを運営している企業の多くは一流企業であり、一時の利益のために社会的な信用性を失ってまで不正を行うことはしないと考えられています。
オンラインカジノはこういった理由で安全といえるのです。

法的に問題はないの?

法的に問題はないの?

オンラインカジノは法的に問題はないの?ということはよく議論されがちです。
実際、オンラインカジノに関する具体的な法律はありませんので、合法なのか違法なのかというと、それは極めて曖昧になっています。今のところ、法律的にはグレーゾーンとなっていて、法律家の間でも見解が分かれています。

しかし、現状、オンラインカジノで日本人が国内からサイトにアクセスし、プレイをしていても、罰せられてしまうということはありません。
これはなぜかというと、賭博罪というのは、胴元とプレイヤーどちらもを逮捕することが出来るということが条件ですので、胴元が海外にある以上、オンラインカジノは、賭博罪として適用外となってしまうからです。

また、オンラインカジノは、海外の国では合法ですので、これを日本の法律だけで取り締まることは難しいです。
オンラインカジノの法律的な事に関しては複雑ですが、プレイヤーが今すぐ逮捕されてしまう可能性は極めて低いですので、現時点では安心であるといえます。

オンラインカジノが違法となるケース

諸外国すべてが合法ではない

諸外国全てで合法であるわけではない

日本でも違法に近いサービスと思われているオンラインカジノは、海外でも同様の対応が行われています。オンラインカジノを遊んでいるユーザーを、海外の警察も調査することが難しいために、遊んでいるユーザーを逮捕できない状況が続いています。
オンラインカジノを合法としている国は、オンラインカジノのライセンスを提供している国だけであり、かなり限られた地域だけしか合法だと思われていないのです。

オンラインカジノを合法としている国

オンラインカジノを合法と判断している国、つまりライセンスを提供している国は限られています。日本に一番近い国だと、フィリピンが該当しています。フィリピンが持っているオンラインカジノのライセンスは、比較的取ることが難しいとされています。
他にはモンゴルもオンラインカジノのライセンスを持っています。モンゴルが持っているオンラインカジノのライセンスは、意外と簡単に取れるとも言われ、一時期は悪用されていました。現在は制限が厳しくなったことで、ライセンス取得は難しい傾向も出ています。
他にはマルタやイギリスなど、ライセンスを発行している国はいくつかあります。オンラインカジノのライセンスを提供する国というのは、大半がオンラインカジノを合法として判断しており、その国で遊んでいるだけなら逮捕されることはほぼありません。

カジノライセンス

オンラインカジノのライセンスがなければ違法

一方で、海外でも合法ではなく、違法と判断されることがあります。一番の原因は、ライセンスを持っていなかったことです。オンラインカジノを作るためには、ライセンスが一番重要になります。オンラインカジノを運営しているのに、必要な資格を持っていないまま続けているのであれば、違法と判断されます。
この場合、逮捕されるのは運営者が多くなりますが、遊んでいるユーザーもわかっていて遊んでいた場合は逮捕されることがあります。日本人にはあまり関係のない話かもしれませんが、海外では意外と逮捕される事例として多くなっています。

ライセンスの有無はしっかり確認しよう

オンラインカジノを選ぶ際は、ライセンスを持っているかどうかを判断してください。もしライセンスを持っていないオンラインカジノで遊んでいたとすれば、非常に危ない状況であり、違法な賭博をしたことで逮捕される可能性も高まります。
ライセンスを持っているかは、ホームページ上に大々的に掲載されていますので、初心者でもすぐに見つけることができるでしょう。

違法である日本

日本人が運営するのは間違いなく違法

日本では今の所オンラインカジノでプレイすることは違法でも合法でもない、グレーゾーンと言う扱いになっています。
その上、オンラインカジノは、とんでもない金額が一度に支払われる可能性もあるので、何十年かかっても稼げないような金額が一気に手に入るので、多くの収入を得たいと思ってオンラインカジノでギャンブルに挑戦することも考える日本人の方も当然居られるでしょう。
また、プレイする以外のもう1つ稼ぐ方法として、オンラインカジノを運営したいと考える人もいるでしょう。
確かにオンラインカジノの運営を行えば、1年で多額の収入を得られるのは事実です。しかし、オンラインカジノを日本人が運営するのは明確に違法とされています。

日本人が運営してはいけない

カジノ全般に言えることですが、日本では違法として判断されていることですから、運営側に入ってはいけません。闇カジノを作って運営している人も、いつかは摘発されて逮捕されてしまいます。オンラインカジノでも同様のことが起こり、最初のうちはバレないだろうと思っても、数ヶ月くらいであっさりと摘発されてしまいます。
日本人が運営していないように、サーバーを海外に置くなどして対応する手法はよく使われます。しかし、日本人向けにオンラインカジノを提供していることがすぐに分かってしまったり、日本人が遊びやすいようにライブゲームを提供しているなどの情報が判断されると、警察が摘発を行うこともあるのです。
オンラインカジノは、日本人が運営をしてはいけません。そもそもライセンスを取得することもできないので、海外でも違法な運営をしていると判断されます。最終的には、色々な団体から情報を調べられて、逮捕されてしまいます。

日本人プレイヤー

日本人は遊ぶ側だけで留まろう

過去にも、日本人がオンラインカジノを運営していたことで逮捕されたニュースがあります。日本人は、オンラインカジノを遊ぶ側にとどめておいたほうがいいでしょう。遊んでいるだけなら、逮捕される可能性というのは高くありません。
オンラインカジノを実際に運営することが違法なのは間違いないのですが、違法なギャンブルを不特定多数の人に提供しているのは、違法である以前に非常に問題となります。
オンラインカジノを遊ぶだけなら逮捕されることはないのですが、運営に関わっていた場合には懲役をかけられるだけでなく、罰金として売上の全額を徴収されてしまいます。
これでは得ている利益なんて残ることがありませんし、執行猶予が付いても前科を持つことになりますので、今後の生活も厳しくなってしまうでしょう。